養成所のあるお笑い芸能事務所

養成所のあるお笑い芸能事務所

スポンサードリンク

お笑い芸人への入口として主流となっている養成所

お笑い芸人は今やなりたい人がどんどん増加して花形の職業といっても過言ではありません。

 

以前は弟子入りなどが主流でしたが現在登竜門となっているのは養成所への入学です。

 

現在有名なお笑い芸人がいる芸能事務所はその養成所があるのがほとんどです。

 

どこがどんな雰囲気だったりどんな様子なのかが気になりますね。

 

よしもとクリエイティブエージェンシー(吉本興業)、人力舎、太田プロ、ワタナベエンターテイメント、
松竹芸能、ホリプロコムなど、主要な事務所には養成所があります。それぞれご紹介していきます。

 

養成所に入るメリット

大手の芸能事務所が運営している養成所のメリットとしては、テレビなどの仕事につながりやすいということがあります。

 

オフィス北野の分裂騒動などやイベント中心に活躍する芸人でフリーとして活動している芸人も多いですが、その場合であるとやはり個人でのやりとりとなるため仕事の幅が制限されます。

 

大手の事務所であると、お笑い担当の社員によるテレビ局などの売り込みがあったり、大手の事務所という安心感から仕事が来やすいというメリットがあります。

 

そのため、毎年多くの受講生がスクールに集まってくるということで競争も激しくなります。その分、自分の個性を磨く力もつききます。

よしもとはNSC(ニュースタークリエイション)

よしもとクリエイティブエージェンシー(吉本興業)の養成所はNSC(ニュースタークリエーション)で、芸人さんの自己紹介などのときに養成所であるNSCの何期生かを紹介したりします。

 

代表的な卒業生には、ダウンタウン・ナインティナインロンドンブーツ1号2号・ロバート・おかずクラブなどがいます。芸人以外にもゴールデンボンバーの鬼龍院翔なども卒業生として有名です。

 

入学願書に名前を書けて授業料を払えれば入学できるという噂もあり、養成所にはいるのは簡単ですが、そこからすぐにテレビや大きな舞台に立てるかは非常に厳しい競争になります。

 

しかしその反面、「神保町花月」や渋谷にある「よしもと∞ホール」など若手を中心にした毎日公演のある劇場もあるのでシステムが確立していて若手にもチャンスが十分にあるというのもポイントとしてあげられます。

 

最近では芸人のみならず、テレビスタッフや劇場スタッフなどを要請する「よしもとクリエイティブカレッジ」も誕生していますので芸人志望だけでなく面白いものを制作したいという人への間口も広がっています。

松竹芸能は子役から女性タレントまで扱う「松竹芸能タレントスクール」

松竹芸能は「松竹芸能タレントスクール」です。東京と大阪にあり、東京は「お笑いタレントコース」のみになっています。大阪には子役や女性タレントコースなどもあります。

 

卒業生はよゐこや安田大サーカス、オセロ(松嶋尚美)やキンタロー。、紺野ぶるまなど女芸人も多く輩出しています。

東京初の養成所「スクールJCA」(人力舎)

東京の事務所で古くから存在する養成所として人力舎が運営する「スクールJCA」があります。卒業生はアンタッチャブルやおぎやはぎ、ドランクドラゴン、東京03など。

 

人力舎は上下関係があまり厳しくないことで有名なので、卒業後の所属として内部規律の厳しくないという理由で入学志望する人も多いようです。

 

また講師陣にビシバシステムの住田隆や第1回M−1グランプリの準優勝ハリガネロック(今は解散)のユウキロックやラジオDJとしても実力のある宮川賢なども名を連ねています。

太田プロエンタテイメント学院は名古屋・福岡・札幌にも

ダチョウ倶楽部や土田晃之、有吉宏行、元AKB48の前田敦子などの所属する太田プロの養成所は「太田プロエンタテイメント学院」です。

 

芸人コースは、東京・名古屋・福岡・札幌にあり、裏方としてお笑いに携わる「放送作家コース」は東京にしかありません。

 

養成所のときより定期ライブが開催されているので、お客さんの前で自分の実力を試せる場も用意されています。また卒業後は半年の仮所属が確約されているので事務所のバックアップも十分にあるようです。

芸能事務所の最大手が運営するワタナベコメディスクール

ワタナベエンターテイメントが運営しているのが「ワタナベコメディスクール」です。ブルゾンちえみ、イモトアヤコ、ハライチやサンシャイン池崎などテレビで見る日はない芸人を多く輩出した養成所です。

 

カリキュラムもお笑い芸人専攻と放送作家専攻に分かれて、本格的な授業を受けることができます。

 

在学中に出演できるライブもあり、活躍のチャンスが豊富です。学費はコースによって異なります。

 

1週間に4回通うプロフェッショナルコースは、学費の合計が129万円になります。お笑い芸人総合コースは、週3回で学費の合計が約70万円です。

 

また卒業ライブで優秀と求められれば、すぐにワタナベエンターテイメントに所属できるという特典もあったり、養成所の講師がワタナベのお笑いライブである「WEL」の演出と勤めているのでこちらもバックアップ体制は十分に揃っています。

さまぁ〜ずやバナナマンの所属するホリプロの笑売塾

さまぁ〜ずやバナナマンなどが在籍するホリプロのお笑い養成所は「ホリプロ笑売塾」です。「クイズ!ヘキサゴン2」や「とんねるずのみなさんのおかげです」の構成作家を務める北本かつらが塾長でお笑いだけでなく、トークやダンスレッスン、ヴォイストレーニングなども用意されています。

 

それぞれの養成所の特長を理解して、自分の持ち味を活かせそうなところはまたは自分の持ち味を引き出してくれそうな養成所を比較して選んでみて、興味があれば入学説明会などに参加してみてはいかがでしょうか?

マセキ芸能社の養成所「マセキタレントゼミナール」

数ある養成所の中でも人気がある養成所です。

 

運営は老舗の芸能事務所で、礼儀に厳しいことで知られています。芸人を尊重するアットホームな事務所ですが、芸には厳しいです。

 

寄席などが活躍する芸人が多く所属し、一発屋が少ないという特徴があります。

 

内海桂子やナイツなど浅草演芸界の重鎮やお笑い界のスターが所属する事務所なので、実力があればプロへのチャンスは豊富です。

 

芸人の芸を愛する事務所なので、養成所に入った後のサポートも手厚いです。

 

費用が比較的リーズナブル(1年間で総額98,000円)なのも良心的だと好評を博しています。

スポンサードリンク

関連ページ

ほぼ毎日公演が行われている東京のお笑い劇場
ほぼ毎日のように公演が行われている東京にあるお笑いの劇場についてご紹介します。
初心者が落語を楽しみたいなら寄席はよせ!?
落語初心者が寄席に行く上でのポイントを説明します。寄席のポイントは知らない落語家さんも頻繁に出ているです。
東京には寄席がいっぱい残っています
東京に古くから残る寄席や新しくできた寄席など多く存在する寄席をご紹介します。
東京でものまねを楽しめるショーパブ・レストラン
東京でものまねを見られるショーパブやレストランをご紹介します。
東京で講談や浪曲を楽しめる寄席
東京で講談と浪曲を楽しめる寄席をご紹介します。
お笑い芸人を輩出している専門学校
お笑い芸人を輩出している専門学校をご紹介します。
東京にあるお笑い芸人の社団法人などの組合・団体
東京のお笑い芸人が結成している団体や社団法人、組合などを紹介します。
K−PRO主催のお笑いライブを楽しむ
東京のお笑いイベント制作会社「K−PRO」主催のライブについて紹介します。
スラッシュパイル主催のお笑いライブを楽しむ
イベント制作会社「SLUSH-PILE」(スラッシュパイル)の関わるイベントについてご紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ