池袋演芸場の寄席紹介

東京お笑い鑑賞ガイド

スポンサードリンク

池袋演芸場の寄席紹介

サンシャイン水族館や乙女ロードなどや関東北部の東京側の玄関的なそんざいとしても根強い人気がある池袋。

 

池袋西口にも落語を楽しめる寄席が存在します。

 

それが「池袋演芸場」です。

 

小さな劇場ですが近い距離で他の劇場より臨場感を味わえる寄席として人気を誇っています。

 

ここでは池袋演芸場のチケットの買い方や公演時間、座席、アクセスなどをご紹介していきます。

 

池袋演芸場−外観

 

池袋演芸場−パネル

池袋演芸場は他に比べて小さい寄席なので楽しみも増える

池袋演芸場は1951年に設立された歴史ある演芸場です。1990年から3年間の改築期間をはさみ現在の劇場となっています。

 

出演者は、落語協会に所属すると落語芸術協会に所属する落語家・漫才師などが10日ごとに入れ替わる形式を取られており、

 

基本的には1度木戸銭(入場料金)を支払えば朝から晩まで入れ替えなしで楽しめますが、毎月21日から30日の10日間は夜が特別興行で別料金となる場合がありますので、事前に番組(スケジュール)のチェックが必要です。

 

スケジュールの確認などは、池袋演芸場公式ページなどで確認しましょう。

池袋演芸場のチケット料金は?割引はあるの?

池袋演芸場のチケット料金は、公演日により異なります。

 

また各種割引も豊富にありますので、紹介していきます。

 

基本料金は2,500円

1日から20日までは、朝から晩まで入れ替えなしで楽しめて

  • 大人 2,500円
  • 学生 2,000円
  • 子ども1,500円

となります。

 

21日から30日は昼興行のみで2000円

21日から30日は、夜は特別興行で昼公演(公演時間約3時間)となるので

  • 一般・学生 2,000円
  • 子ども    1,500円

となります。

 

また夜興行に関しては、講演内容によって料金設定が異なりますので

 

出演者のSNSやブログ、所属する協会のホームページ、

 

池袋演芸場に設置されているチラシなどを確認してみてください。

 

31日はすべて特別構成の余一会を開催

また月によっては31日がある月がある場合は、

 

31日のみ特別編成の内容で昼・夜の公演が行われます。

 

昼の部・夜の部と全く違う構成だったする場合があるので、

 

事前に池袋演芸場のホームページや出演者のブログやSNSなどでの確認が必要です。

 

割引制度が充実している

池袋演芸場は他の寄席と違い、割引制度が充実しています。

 

例えば、

 

浴衣や着物で入場すると木戸銭が2,000円

 

学生服(中学生・高校生)で入場すると、木戸銭1,500円

 

65歳以上で証明書を提示すると、2,000円

 

(上記3つは、毎月1日から20日までの割引)

 

親子で入場すると、子ども料金が1,000円になるなど

 

(親子割引は、毎月1日から30日まで有効)

 

比較的簡単に割引を受けられるので、使わない手はないでしょう。

 

ただし、21日から30日の夜の特別興行や31日がある月に開催される

 

余一会などでは割引が適用されませんので注意してください。

池袋演芸場の公演時間は?

料金の次に気になるのが、実際の公演時間帯ですよね?

 

こちらも1日から20日と21日から30日までで異なります。

 

1日から20日までは1日じゅう楽しめる

1日から20日までは1度入場してしまえば、

 

晩の20:30までずっと落語を楽しんでよい料金設定になっています。

 

開場時間は12:00で、

 

昼の部は12:30から16:30(15:00に一度中入り(休憩)あり)

 

夜の部は、17:00から20:30まで(19:00に一度中入り(休憩)あり)

 

となっています。

 

21日から30日は、昼は寄席、夜は特別興行

21日から30日までは夜は特別興行があるということで、少し変則的な時間設定になります。

 

昼の部は13:30開場 14:00から17:00までの3時間の公演時間となります。
(3:30前後に中入り休憩あり)

 

夜の部は、公演によって異なりますが18:00〜18:30の開演時間となります。
(開場は、開演時間の30分前から)

 

31日があるつきは余一会を開催

31日にある月にのみ(12月は除く)に開催されるのが、

 

通常興行とは異なる余一会という特別興行です。

 

こちらは昼・夜の入れ替えがあったり、

 

出演者も違っていたりするので事前に確認する必要があります。

 

(開演時間や料金も異なります)

 

開催が限られているので人気が集中することがありますので、

 

チケットや予約などは予定が決まり次第早めに取ることをおすすめします。

池袋演芸場の座席や席数は?

池袋演芸場は、新宿末広亭や浅草演芸ホールとは少し違って、小さな劇場となっています。

 

座席数は92席で、すべてイス席になっています

 

(以前は畳の席もあったそうですが、改装後はすべてイス席になりました)

池袋西口から池袋演芸場のアクセスは?

最寄り駅は、JR山手線の池袋駅。

 

西口から東武池袋駅の方向に歩いて、徒歩3分です。

 

住所

東京都豊島区西池袋1−23−1 エルクルーセ地下1階

 

 

最寄駅

JR池袋駅 西口から徒歩3分

 

池袋演芸場の近くの演芸場

スポンサードリンク

関連ページ

お江戸両国亭の寄席紹介
ここでは両国にある寄席「お江戸両国亭」について紹介します。アクセス・料金、チケットの入手方法や開催されている円楽一門両国寄席についても紹介します。
お江戸日本橋亭の寄席紹介
お江戸日本橋亭は落語などを楽しめる寄席です。スケジュールや寄席の内容、座席の様子などを紹介します。
新宿末廣亭の寄席紹介
新宿のビル街の中に突如、情緒と風格を醸し出す寄席が新宿末廣亭です。
浅草演芸ホールの寄席紹介
下町として有名な浅草にある由緒ある演芸ホールが浅草演芸ホールです。ドラマ「タイガー&ドラゴン」の舞台にもなった演芸場です。
国立演芸場の寄席紹介
国の中枢機関が数多く存在する永田町にあるのが国立演芸場です。こちらでも落語や演芸を楽しむことができます。
神田連雀亭は落語を楽しめる寄席
神田連雀亭は二ツ目専用の寄席で落語を楽しめます。チケットの入手方法や駅からのアクセス、きゃたぴら寄席などの公演内容について紹介します。
神保町・らくごカフェの寄席紹介
らくごカフェは神田神保町で落語を楽しめるカフェです。落語カフェへのアクセス、料金、スケジュールについて紹介します。
上野・鈴本演芸場の寄席紹介
江戸時代から続く寄席として有名なのが上野・鈴本演芸場です。
浅草・木馬亭の寄席紹介
浅草にある寄席・木馬亭のスケジュールやチケット入手方法、席数や浪曲の定席などを紹介していきます。
浅草・東洋館の寄席紹介
浅草で漫才を楽しめる東洋館のスケジュールやチオケット、浅草演劇協会などの出演している団体について紹介します。
お江戸上野広小路亭の寄席紹介
上野の寄席・お江戸上野広小路亭で行われる寄席や公演について紹介しています。寄席の内容からスケジュール・料金・アクセス、前売りチケットの入手方法など紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ