日本橋で落語を楽しめる寄席・お江戸日本橋亭の紹介

東京お笑い鑑賞ガイド

スポンサードリンク

日本橋で落語を楽しめる寄席・お江戸日本橋亭の紹介

東京駅から一番近い場所にある寄席が「お江戸日本橋亭」です。都会の真ん中に風情ある寄席がありますので一度体験してみてはいかがでしょうか?

 

ここでは『お江戸日本橋亭」について、チケットの入手方法からイベント予定(スケジュール)の確認方法、公演内容、座席やアクセスなどを紹介します。

「お江戸日本橋亭」は日本橋で落語を楽しめる寄席

お江戸日本橋亭は、三越本店から歩いてすぐの距離にある落語の寄席です。

 

「お江戸両国亭」や「お江戸上野広小路亭」などをグループに持つ寄席の1つになっています。

 

落語から浪曲、講談までさまざまな大衆芸能を楽しむことができる劇場として愛されています。

 

大江戸日本橋亭ではなく「お江戸日本橋亭」

 

このグループの劇場は冠として「お江戸」が付きます。「大江戸」と勘違いされるかたもいらっしゃると思いますがご注意ください。

お江戸日本橋亭のチケットはどこで手に入れるの?

基本的には、当日受付での支払いとなりますが前売りも存在します。

 

イープラスやチケットぴあなどでは取り扱いがないので、直接お江戸日本橋亭に連絡して予約する形式にあります。

 

また、落語家さんの独演会や勉強会など通常の公演以外の貸席の場合は、

 

主催者や出演者が直接予約を取るケースなどがほとんどですので、

 

出演者のSNSやブログなどをチェックして予約方法を確認してみてください。

お江戸日本橋亭のイベント予定(スケジュール)はどこで調べるの?

お江戸日本橋亭のスケジュールは、寄席の主催の公演である場合は公式ページに記載されています。

 

貸席など寄席が主催の公演でない場合は名前などの表記はありますが、詳細は記載されていません。

 

詳細を知りたい場合は、各出演者または主催者のブログや公式ホームページ、

 

TwitterなどのSNSで受け付けている場合がほとんどですので、それらで確認することをおすすめします。

お江戸日本橋亭はどんな内容の寄席が開催されているの?

ここからはスケジュールは確認したはいいけれど、どんな内容なの?という方に向けて紹介します。

 

貸席の場合は、内容が回ごとに異なりますのでお江戸日本橋亭の主催している寄席について紹介します。

 

日本橋お江戸寄席

落語芸術協会・円楽一門会・立川流・講談協会・日本講談協会・東京演芸協会から協会や演目などの垣根を越えて楽しめる寄席です。

 

他の寄席では協会ごとの出演となることが多い中、複数の協会の落語家やいろものの方が出る珍しい寄席。

 

開演時間は13:30(開場は30分前)、公演時間は2時間半程度(途中、休憩あり)

 

木戸銭(料金)は、一律2,000円

 

はなぶさ会

講談協会の若手男性講釈師を中心に結成された講談会。

 

開演時間は13時(開場は30分前)、公演時間は3時間程度(途中、休憩あり)

 

料金は当日一律1,500円。

 

浪曲日本橋亭

日本浪曲協会に所属する浪曲師による寄席。

 

開演時間は13時(開場時間は30分前)、公演時間は約2時間。

 

木戸銭(料金)は、予約は1,500円/当日2,000円。

 

予約は、お江戸日本橋亭か日本浪曲協会へ電話での予約となる。

 

立川流日本橋亭

故・立川談志の設立した落語立川流の落語家による寄席。出演者は毎日日替わりとなる。

 

「お江戸上野広小路亭」においても同様の「立川流広小路寄席」が毎月16・17日に開催さている。

 

開演時間は13時、料金は前売1,500円/当日2,000円

 

日本講談協会若葉会

日本講談協会の講釈師による寄席。

 

開演時間は12時、木戸銭(料金)は当日のみ1,500円

 

お江戸日本橋亭定席

落語芸術協会が主催と後援しているお江戸日本橋亭の夜興行。毎日日替わりで演者と公演内容が変わる。

 

開演時間は18時(開場は30分前)終演予定は20時30分の2時間半の公演(途中、休憩あり)

 

料金は前売1,500円/当日2,000円

お江戸日本橋亭の座席はどんな感じ?

公演により座席も異なり、畳席、イス席、2つの併用となる。

 

併用の場合は、前方が畳敷きの座椅子席が2列から3列程度になり、後方がイス席となる。

 

座席数は最大で約80席。

 

お江戸日本橋亭座席

 

お江戸日本橋亭座席2

お江戸日本橋亭の住所・アクセス

お江戸日本橋亭の最寄り駅は、東京メトロ銀座線の三越前駅

 

A10出口から上がり徒歩2分の距離にあります。入り口に大きなのぼりがあるので、それを目印にして行ってみてください。

 

住所

東京都中央区日本橋本町3−1−6 日本橋永谷ビル1階

 

 

最寄駅

東京メトロ銀座線・三越駅前A10出口から徒歩2分
JR山手線・神田駅から徒歩7分
JR総武線・新日本橋駅出口4から徒歩3分

 

お江戸両国亭お江戸日本橋亭 公式ページ

付近のお笑いや落語を楽しめる劇場

スポンサードリンク

関連ページ

お江戸両国亭の寄席紹介
ここでは両国にある寄席「お江戸両国亭」について紹介します。アクセス・料金、チケットの入手方法や開催されている円楽一門両国寄席についても紹介します。
新宿末廣亭の寄席紹介
新宿のビル街の中に突如、情緒と風格を醸し出す寄席が新宿末廣亭です。
浅草演芸ホールの寄席紹介
下町として有名な浅草にある由緒ある演芸ホールが浅草演芸ホールです。ドラマ「タイガー&ドラゴン」の舞台にもなった演芸場です。
国立演芸場の寄席紹介
国の中枢機関が数多く存在する永田町にあるのが国立演芸場です。こちらでも落語や演芸を楽しむことができます。
池袋演芸場の寄席紹介
ここでは池袋演芸場での落語の楽しみ方、寄席料金やアクセス、チケット入手方法など紹介しています。
神田連雀亭は落語を楽しめる寄席
神田連雀亭は二ツ目専用の寄席で落語を楽しめます。チケットの入手方法や駅からのアクセス、きゃたぴら寄席などの公演内容について紹介します。
神保町・らくごカフェの寄席紹介
らくごカフェは神田神保町で落語を楽しめるカフェです。落語カフェへのアクセス、料金、スケジュールについて紹介します。
上野・鈴本演芸場の寄席紹介
江戸時代から続く寄席として有名なのが上野・鈴本演芸場です。
浅草・木馬亭の寄席紹介
浅草にある寄席・木馬亭のスケジュールやチケット入手方法、席数や浪曲の定席などを紹介していきます。
浅草・東洋館の寄席紹介
浅草で漫才を楽しめる東洋館のスケジュールやチオケット、浅草演劇協会などの出演している団体について紹介します。
お江戸上野広小路亭の寄席紹介
上野の寄席・お江戸上野広小路亭で行われる寄席や公演について紹介しています。寄席の内容からスケジュール・料金・アクセス、前売りチケットの入手方法など紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ