落語カフェは神田神保町で落語をたのしめる場所(料金・アクセス・スケジュール・チケット)

東京お笑い鑑賞ガイド

スポンサードリンク

らくごカフェは10周年を迎えて武道館で記念興行も行う歴史のあるカフェ

神田神保町にあるらくごカフェは2008年のオープンから10周年を迎え、

 

武道館で平成最後の記念興行も行なった歴史のあるカフェです。

 

店内に設けられた高座で噺家が落語を披露してくれるので、

 

落語は敷居が高いと感じていた人でも気軽に楽しむことができます。

 

平日は、昼間は普通のカフェですが夜になるとシートをアレンジして寄席ができ、

 

土・日・祝日は昼夜で随時落語会を開催しています。

 

店内には落語に関する本や資料なども置かれており、

 

お気に入りの噺家のグッズなどを購入することができます。

神保町にあるらくごカフェのアクセスは?

落語カフェは、都営三田線・都営新宿線・半蔵門線の神保町駅A6出口より徒歩1分ほどのところにある神田古書センタービルの5階にあります。

 

岩波神保町ビルと小路を挟んだ並びにあり、入り口は昼間は靖国通りに面した正面エレベーターが利用できますが、

 

18時以降は表口がしまってしまうため、ビルの裏側にある路地に面した入り口を利用します。

 

進路は岩波神保町ビルとの間にある小路に入り、次の脇道を右折、

 

入り口から入ってすぐにあるエレベーターを利用して5階まで行き、降りた左手側にあります。

 

落語カフェの住所

東京都千代田区神田神保町2ー3 神田古書センター5階

 

 

らくごカフェの最寄駅

東京メトロ半蔵門線/都営地下鉄三田線・新宿線
神保町駅すぐ

落語カフェは秋葉原からも近い

落語カフェは秋葉原駅からも近いので、平日の仕事帰りや休日に

 

秋葉原でショッピングや食事を済ませたあとに落語を楽しむことができて便利です。

 

アクセスは秋葉原駅を起点にした場合、

 

神田川を渡り靖国通りを横断するコースで徒歩で20分ほどで、

 

岩本駅から都営新宿線を利用して神保町で降りても近いですし、

 

JR総武線の御茶ノ水駅で降りても徒歩10分程の距離です。

 

欲しい古書がある場合は、休日などに余裕をもって外出し

 

秋葉原で食事、散歩がてらに神保町に行って、古書を探しながら時間がくれば落語カフェに行くということもできます。

落語カフェのスケジュールをチェックするには?

落語カフェで落語を聞いてみたい場合は、こまめなウェブのチェックが必要です。

 

お店の休日や毎月のスケジュール、詳細な公演内容は公式ブログで随時更新されます。

 

チケットの予約もメールなどを利用することになるので、頻繁に更新情報を確認することが大切です。

 

そのためにはブログが更新されたら更新通知を受けられるようにしたり、

 

公式ブログのRSSをSNSで公開しているので通知機能を利用すれば早めに情報を得ることができます。

 

また出演者のSNSでの告知もありますので、同時にチェックしておくとよいでしょう。

 

人気噺家の公演チケットは即完売ということもあるので、

 

落語カフェで落語を聞きたい場合は、こまめなウェブチェックをして更新情報を確認することが大切です。

らくごカフェのチケットの入手方法は?

らくごカフェのチケット入手方法は、公式ブログでスケジュールを確認しメールや電話で予約します。

 

必要な内容は、希望の落語会と日付、名前(フルネーム)、連絡先(携帯電話等)、

 

必要なチケット枚数で、電話での予約は平日12時〜18時まで受付けています。

 

メールでの返信については2〜3日必要な場合がありますが、満席の場合は早めに連絡してもらえます。

 

5日以上過ぎても返信がないときはメールが届いてない可能性があるので、電話で確認する必要があります。

 

当日の予約は平日に限り18時まで電話で受付をしており、

 

土・日や落語会が開催されているときは応答できないので注意が必要です。

 

らくごカフェらくごカフェ 公式ページ

スポンサードリンク

関連ページ

お江戸両国亭の寄席紹介
ここでは両国にある寄席「お江戸両国亭」について紹介します。アクセス・料金、チケットの入手方法や開催されている円楽一門両国寄席についても紹介します。
お江戸日本橋亭の寄席紹介
お江戸日本橋亭は落語などを楽しめる寄席です。スケジュールや寄席の内容、座席の様子などを紹介します。
新宿末廣亭の寄席紹介
新宿のビル街の中に突如、情緒と風格を醸し出す寄席が新宿末廣亭です。
浅草演芸ホールの寄席紹介
下町として有名な浅草にある由緒ある演芸ホールが浅草演芸ホールです。ドラマ「タイガー&ドラゴン」の舞台にもなった演芸場です。
国立演芸場の寄席紹介
国の中枢機関が数多く存在する永田町にあるのが国立演芸場です。こちらでも落語や演芸を楽しむことができます。
池袋演芸場の寄席紹介
ここでは池袋演芸場での落語の楽しみ方、寄席料金やアクセス、チケット入手方法など紹介しています。
神田連雀亭は落語を楽しめる寄席
神田連雀亭は二ツ目専用の寄席で落語を楽しめます。チケットの入手方法や駅からのアクセス、きゃたぴら寄席などの公演内容について紹介します。
上野・鈴本演芸場の寄席紹介
江戸時代から続く寄席として有名なのが上野・鈴本演芸場です。
浅草・木馬亭の寄席紹介
浅草にある寄席・木馬亭のスケジュールやチケット入手方法、席数や浪曲の定席などを紹介していきます。
浅草・東洋館の寄席紹介
浅草で漫才を楽しめる東洋館のスケジュールやチオケット、浅草演劇協会などの出演している団体について紹介します。
お江戸上野広小路亭の寄席紹介
上野の寄席・お江戸上野広小路亭で行われる寄席や公演について紹介しています。寄席の内容からスケジュール・料金・アクセス、前売りチケットの入手方法など紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ